ぽっこりお腹解消エクササイズ

お花 骨盤矯正を効果的に!
      くびれのある細いウエストのメリハリ体型に大変身♪

下腹の出っ張りをなくしましょう!

おなか

ぽっこりお腹解消エクササイズで下腹の出っ張りをなくしましょう!

 

太っていない人でも姿勢が悪かったり、腹筋が弱かったりすると、
いつのまにかおなかがポッコリ!になっていることも多いのです。

 

普通の腹筋運動はキツイけど、これなら楽に腹筋を鍛えられますね。


ポッコリお腹をやっつけるエクササイズのやり方

1、床にあおむけになり、息を吸いながら両足を垂直に上げます。

 

2、膝をのばしたまま、両足を息を吐きながらゆっくり下ろしていき、
  床から30度のところでストップします。
  その状態で5秒間キープです。ちょっときついかもしれませんね。

 

3、床に脚をおろして力をぬきましょう。

 

 

この1から3を5回繰り返します。

 

膝をのばしたまま脚をおろすというのが、慣れるまではきついと思いますが、
床から30度のところでしっかりキープできるようになると、
下腹はどんどんへこんでいきますよ♪なぜかウエストまでくびれます。

 

普通の腹筋に比べて、首に負担がかからないので、
首が弱い人でも簡単に腹筋が鍛えられるトレーニング法です。

 

 

ぽっこりお腹 あなたはどのタイプ?

ぽっこりお腹にも、いろいろなタイプがあります。あなたはどのタイプ?

 

1、内臓脂肪型

 

内臓のまわりに脂肪がたっぷりついているタイプ。男性に多く、
エストロゲンが低下する更年期以降の女性にも多くみられます。
内臓脂肪は、たまりやすく分解もされやすいのが特徴です。

 

 

2、皮下脂肪型

 

おなかについた脂肪は、プヨプヨしていて簡単につまめます。
皮膚の真皮の下に中性脂肪がつき、脂肪細胞の数がふえるパターン。
女性に多く見られ、下半身に脂肪がつきやすい人が多いようです。

 

 

3、筋肉衰え型

 

身体を支える体幹の筋力が足りないためおなかがポッコリ出てしまうケース。
太っているわけではないのにお腹だけポコッと出ている人などが当てはまります。
腹筋や背筋が弱っていたり、姿勢が悪かったりが原因になっています。内臓を
支える筋肉が弱っているため内臓下垂になり、下腹が出っ張ってしまいます。