腕上げお尻歩き体操

お花 骨盤矯正を効果的に!
      くびれのある細いウエストのメリハリ体型に大変身♪

出っ張りおなか解消!腕上げお尻歩き体操

お尻歩き体操を すこしバージョンアップさせたかんじの
「腕上げお尻歩き体操」で、上半身と下半身をつないでいる
大腰筋や骨盤底筋群をきたえます。 

 

下がりぎみの内臓を引きあげ、出っ張った「ポッコリおなか」を
解消するのに効果的な体操です。 お腹まわりの脂肪を燃焼する
だけでなく、太ももやせも助けます。 

 

子宮や卵巣にも血液を送り込むので、生理痛や生理不順に対しても
よさそうですね。

腕上げお尻歩き体操のやり方

背中が丸まっていると お腹やせ効果はなくなるので
背筋をのばして体操することがポイントになります。 

 

1、手にタオルを持ち、両足をそろえてヒザをのばし、
  背すじを伸ばしてすわります。 タオルは、肩幅
  より少し広く持って、腕を上に伸ばします。

 

2、座骨を床につけたまま 右腕と右足をいっしょに
  前に押し出すように1歩進みます。左も同様に1歩。

 

3、座骨を交互に動かして、お尻で歩くようなイメージ
  で、これを交互にくり返し、 20歩進んだら、 
  20歩下がります。

 

4、これを1セットとして、 2〜3回繰り返します。

 

5、最後に、動かした筋肉を緩めるために膝をかかえて
  ゆっくり深呼吸をします。