お尻歩き体操

お花 骨盤矯正を効果的に!
      くびれのある細いウエストのメリハリ体型に大変身♪

お尻歩き体操でぽっこりおなか解消!

「お尻歩き体操」でぽっこりおなかを解消しましょう!

 

骨盤底筋が弱まると内臓が下がりますので、どうしても
おなかの出っ張りが目立ってきます。 そんなときは、
お腹とお尻を引きしめる「おしり歩き体操」で改善します。

 

お腹まわりの脂肪を燃やし、おなかの出っぱりを解消です!

 

おなかまわりがポカポカ温まって、血行もよくなりますので
冷え肩こりの解消、 腹筋の強化にも効果的です。

 

ヒジをまげて、腕をリズミカルに大きく振るのがポイントです。

お尻歩き体操のやり方

左右の脚の長さが同じ場合

 

1、床にすわり、両足をそろえて伸ばします。

 

2、両腕を左に振り、お尻を床から浮かせない
  ように、右足を前に出します。

 

3、両腕を右に振り、お尻を床から浮かせない
  ように、左足を前に出します。

 

4、この要領で、前に3歩進み、続いて後ろに3歩下がります。

 

 

左脚の長さが短い場合

 

1、左脚の長さが短い場合、右足を左足の上に交差して座ります。

 

2、脚を交差したまま、両腕を左に振ってお尻を床から浮かせない
  ように、右足を前に出します。

 

3、両腕を右に振り、お尻を床から浮かせない
  ように、左足を前に出します。

 

4、右、左と、前に3歩進み、後ろに3歩下がります。

 

 

右脚の長さが短い場合

 

1、右脚の長さが短い場合、左足を右足の上に交差して座ります。
  つまり、短いほうを下にします。

 

2以下は上記と同様に行います。

 

 

骨盤まわりの筋肉を柔らかくして、脚の付け根にあるそけい部を
リラックスさせるので、リンパの流れもスムーズになりますよ。